1. ホーム
  2. m・デザイン周縁

margin[デザイン周縁(ふちをめぐる)]

グラフィックデザインの仕事は、幅広く奥深い…その中心からではなく縁をブラブラ歩くような感じで眺める。意外な発見につながるかもしれない、新しい出会いにもちょっと期待しながら… 
そんな境界散歩のコーナー。もしナニか引っかかるものがあれば、ぜひそれをお楽しみいただければ、と。

デザインという広い世界の、ふちをめぐる

「マージン」とは「利ざや」や「ページの欄外=余白」のこと。ただ、このコーナーでは、レイアウトデザイン上の空きや余白を記すのではありません(もちろん『間』の大切さといった話題は登場するかも!?)。

活版印刷の際、印圧により文字のふちに出るインキのにじみのような部分を「マージナルゾーン(marginal zone)といいます。それは文字印刷の本体といえる骨格からすると「端」にあるものながら、活版の特徴でもあるといわれるひとつの要素。

この事例にならって、「グラフィックデザイン」の中心部分をしっかり見つめるという本質論ではなく、周囲に漂う気配にちらり目を向けてみる。日本家屋にたとえるなら、居間でも庭でもなく、そう縁側のような位置とでもいえよう。というわけで、どうぞ、日向ぼっこのようなほんわか気分で、寄り道を…

greetingsデザイン関連用語集おすすめアレコレコラム-雑想

pege top